FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

水玉とあじさい

都内勤務の一人暮らしOL→フィリピン留学→島根でニート→福岡で働き中!英語留学、うつわ、片づけなど。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

まめが好きなうつわの話 

この記事、まめにとって記念すべき記事なのです(*´∀`)
1週間毎日更新することができました!
ーー文章を書くのがナメクジ的なスピードのまめには、大変なことだったのですよ。。。

おかげさまで、ブログ村のランキングも上位を維持できています。
カテゴリー増やしたのに急落することなかったのは、皆さまの応援のおかげです。
ありがとうございます!(というわけで、今回もポチッとお願いします(^^ゞ)

では、今日も行ってみましょー!

まめのことを波佐見焼や砥部焼の回し者と思った方もいるでしょう。


甘ーーーーーい( ゚д゚ )クワッ!!


その真の姿は、、、
中国磁器の回し者なのです(`・∀・´)エッヘン!!

ーー回し者発言の真偽のほどは置いといて(;・∀・)


まめはもともと中国磁器好きから日本の磁器に入ったので、根っこはこっちなんですね。
どどーん!!
thumb_DSC02078_1024.jpg



ちょっと振り返ると…
まめは大学での専攻が東洋史だったので、中国の文化に触れる機会が多くありました。
その中の講義で、中国磁器がテーマの回がありました。

担当がちょっとロマンチストな教授で、笑。
青花(染付のこと。写真のように青い顔料で絵付けがしてある磁器)が生まれたのは、元が遊牧民族だったからだと言い切ってました(*゜▽゜*)

馬を駆って走るモンゴルの平原と、見上げればどこまでも続く青い空。
あの空の色を磁器に写したのが青花なんだ…!と。
photo0000-0611草原
こんな感じ?


他にも白磁は象牙、青磁は玉を模倣しているんだとかね。
根拠となる出典は不明ですが、ロマンだだ漏れで面白かったです( ´艸`)


時を同じくして。
まめは博物館講習という授業も受けていました(学芸員の資格が取れる)。
特に面白みはない授業だったんだけど、一点だけまめの心に響く言葉がありました。
「ウィンドウショッピングと同じように、博物館に行けばいい」

ウィンドウショッピングって、綺麗なものや可愛いものを見てとっても気分が良くなりますよね(*´∀`)♪
それと同じくらい気軽に博物館に行けばいいんだよって。

それまでは博物館は敷居が高くてあんまり行けませんでした。
ゲージツが理解できない庶民が行っていい場所ではないと思っていました。

でも!
ウィンドウショッピングくらい気軽でいいのなら!って行けるようになりました( ´∀`)bグッ!
綺麗なもの見るの好きだよ!

この2つの出来事がなければ、まめの趣味がうつわに結び付くことはなかったと思います。


ともあれ、そんな偶然が重なってうつわが好きになったまめは、留学中はよく博物館に行きました。
おかげで綺麗なものをたくさん見られました。


綺麗なものを見ていると、自分も欲しいという物欲が出てきて、、、
留学から帰ってからも中国に旅行する度に、少しずつ磁器を集めるようになりました。
割れ物だから、手荷物で持って帰られる量を少しずつ。。。(中国は荒いから預けたら割れる(;゚Д゚)!!)



これが冒頭の青花です。
thumb_DSC02078_1024.jpg
おっきく見えるのは写真マジックです。実際は取り皿サイズ。
普段使いしてますよ(*゜▽゜*)



宣徳帝!?
thumb_DSC02079_1024.jpg
まさかまさか、当然レプリカです。
これを取り皿にすると、何かしらのオーラを感じる。。。笑



これが一番のお気に入り♡茶杯です。
thumb_DSC02072_1024.jpg



中国がすごいのは、こんなに細かいのにシールじゃないこと。
thumb_DSC02074_1024.jpg



薄くてスケスケ、笑。
thumb_DSC02075_1024.jpg
ここまで薄いと使うのに恐怖が伴います。。。ガクガク(((n;‘Д‘))η
というわけで、登場機会はとても少ない。持ってるだけで嬉しいの(*´Д`)



これも茶杯。こっちの方が来客用によく使います。
まだ厚いからね。
thumb_DSC02070_1024.jpg



とは言っても、中国茶の茶杯はサイズが小さくて実用的ではないので
いっぱい飲みたいときはこっち。
thumb_DSC02080_1024.jpg



これも芸が細かい…!
thumb_DSC02081_1024.jpg


ここまでのは全て上海の小岩堂で買ったものです。
ここ数年行ってないから、現在どうなってるのか分からないんだけど。。。(^◇^;)

古北が本店ですが、豫園にも分店があります。
観光で必ず入るところだから、気になったら行ってみてください♪

住所はこれ…だと思う!→華宝楼地下室 老城隍届古玩市場117座
華宝楼というショッピングセンターの地下なのね。。。
うん、確かに地下だったからここだと思う。

店員さんは日本語話せるから大丈夫!
すごく丁寧で心のこもった接客をしてくれますよ。
押し売りもふっかけもないから安心して買い物できます。
お値段はまめが行っていた頃で、茶杯60元〜くらいでした。ちゃんと手が届くところです。



普段がんがん使っているのは、この青磁のコップとーー
thumb_DSC02084_1024.jpg
蓮の花が透けているの見えます?



柿の湯飲み。
thumb_DSC02082_1024.jpg
この2つはホテルオークラの周辺(長楽路だったかな)をブラブラしてて、たまたま若手の陶芸家がやってるお店を見つけました。
今となっては場所も分からないから、まさに一期一会でした。



こんなのも一応持ってます。
thumb_DSC02077_1024.jpg
持ってるけどめっっっったに使わない!


という感じで、まめの真の姿でしたヽ(゚∀゚)ノ パッ☆
んー予想通り、笑?


↓読んだよーって応援クリックいただけると嬉しいです。
押したらどうなるの?何かやばいページに飛ばされるんじゃ…アワワワワ(((゚д゚; )))ワワワワッ
→「にほんブログ村」というブログランキングに参加しています。クリックしていただくとまめむしピーチに10pt入ってとても喜びます(*´Д`*)それと同時にランキングページが開かれます。
同じ分野のブログを探している方、興味のあるほうを押してみてください。きっとステキなブログが見つかりますよ。

にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ←うつわの記事も多いので、カテゴリー追加しました^^
にほんブログ村


↓こっちはFC2ブログのランキングです。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/10/17 Sat. 23:33 [edit]

category: うつわ

TB: 0    CM: 2

17

コメント

なるほどー 

器好きの入口が中国磁器とは・・でも確かに中国の細かい手作業は美しいよね
まめさんの器好きの歴史は思ったより長いのね
普通親元を離れて一人暮らしするあたりで食器を自分で買うようになるけど
そういう年頃って今なら100均で「かわいい~」を主体にして購入してしまいがち
ハート柄のピンクのカップとか・・ね
それはそれで個人の好みだしいつか何かのきっかけで別の世界に目覚めるってこともあるから構わないけど、でも安さだけが良さじゃないってことを知るのは早いほうが良い

そうそう 何でもそうだけどものとの出会いって深いよね~
そこに付随するものがさらに貴重だったりするから、この器はあの時あの店で・・っていう記憶があるとその時の空気まで思い出したりする いい話だわ~(^-^)

URL | うにトラ #- | 2015/10/18 17:28 | edit

Re: なるほどー 

うにトラさん

こんばんは。
えぇ、そうなんです。ここにルーツがあるので、わたしの磁器の趣味がこっちよりになるんですよね。
中国もねぇ…あれだけの技術があるんだから、ズルっこせずに堂々挑めばいいのにと思うわけです。
コピー商品はどうしてあんなに笑えるクオリティになるのか。。。苦笑。

ハート柄のカップ!
あはは、すんごくよく分かります(似たもの持ってたし!)

自分で歩き回って出会ったものだからこそ、愛着がわきますよね。
中国のあのお店に行きたくなってきました…!

URL | まめむしピーチ(まめ) #- | 2015/10/18 23:22 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://mamemushipeach.blog.fc2.com/tb.php/104-52918683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。