FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

水玉とあじさい

都内勤務の一人暮らしOL→フィリピン留学→島根でニート→福岡で働き中!英語留学、うつわ、片づけなど。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

【読了】カッコウの卵は誰のもの 

この前1つ偉くなりました(*゚ー゚)エッヘン
衝撃の事実ですよ…!!

な、な、なんと


「伊丹空港は兵庫県」ということ…!!!

何だってー(≧Д≦)!!??


………( ゚Å゚)………

ん…これって常識?

わたしは伊丹空港って大阪だとずーっと思ってたんですよね(;´∀`)

関西に出張に行った友人がお土産を買ってきてくれたんですが、配りながらの「伊丹空港使ったんだけどね、兵庫のお土産が全然置いてなくってさー…」って一言で間違いが発覚!

ひゃー、恥ずかしい(/ω\)
兵庫の皆様申し訳ありませんでしたっ( TДT)
きっとあるあるネタ…ですよね(;・∀・)

ってことは、関空は実は和歌山なのか…!?全てが信じられなくなったぞ( ゚ε゚;)ムムッ
ーーいやいや、これは大阪で合ってましたε-(´∀`*)

人生一生勉強ですね(゚д゚)(。_。)ウンウン


さて、今回も本の感想です((φ(・д・。)メモメモ
東野圭吾 著 『カッコウの卵は誰のもの』

カッコウの卵は誰のもの (光文社文庫)カッコウの卵は誰のもの (光文社文庫)
(2013/02/13)
東野 圭吾

商品詳細を見る


『ソロモンの偽証』と同時期に買った本です。
宮部みゆきさんの本を6冊も読んだら、きっとテンポの良いミステリーが読みたくなるだろうな~と思って用意していたのです(*^ー^)


【あらすじ】
新世開発スポーツ科学研究所は、遺伝子情報からスポーツの適性を見極める研究を行っている。
研究の末、卓越した結果を示す遺伝子パターンが見つかった。

その中の一つであるFパターンの持ち主、緋田風美はアルペンスキーの選手だ。その才能は元オリンピックスキーヤーの父、緋田宏昌譲りと言われている。

しかし、宏昌には気がかりなことがあった。
亡くなった妻の遺品を整理している時、ある新聞の切り抜きを見つけたのだ。それは風美が生まれた年に発生した、新生児誘拐事件を取り上げたものだった。
妻が妊娠したと分かった時、長期遠征中だった彼はお腹の大きい姿を一度も見てはいなかった。
なぜ妻は切り抜きを持っていたのか…?風美は本当に自分の子供なのか…?
もしそうでないとすれば、彼女の才能の由来はどこにあるのだろう?

そんな時、風美宛てに脅迫状が届いた。
緊張が高まる中、風美が乗るはずだったバスが事故を起こし、ある老紳士が巻き込まれて負傷してしまう。彼は風美のファンで、遠方からわざわざ応援に来てくれたのだった。

風美の出生の秘密が明らかになるにつれ、バス事故の真相が見えてくる。


【まめむしピーチの勝手な評価】
★★★
(5段階評価)

さすが東野さん。気づかないように伏線が張ってあって、最後に結びついて解決に至るというミステリーの王道です。一巻完結で読みやすかったぁ( ゚∀゚)

風美のお母さんは誘拐事件とどういう関係があるんだろう?犯人なの?どうなの!?ってドキドキしながら読み進めるのがたまらなかったです。
星がそんなに高くないのは、ラストそうやって終わらせますかぁ…あまり好きじゃないなぁ。。。だったので(;´Д`)

この本を読みながら考えたことですが。
わたしは中、高で陸上部でした。
田舎の学校なので部活動の選択肢は少なく、何とはなしに入りました( ゚∀゚)アハハ

運動神経はそこそこだったので、県大会やその一つ上にいくくらいでしたねー。
全国はムリムリ(ヾノ・∀・`)

そんくらいの実力しかないわたしですが、スポーツの種目への適性を示されたらどうしたか?
そら喜んで聞き入れましたよ(ノ´∀`)ノ自分の適性教えてくれるなんて、そんなありがたいことないっす!
適性なしって言われたら、さっさと辞めますな(´・∀・`)


自分はこの種目に向いている。だからがんばればきっと結果はついてくる。今出てなくても、今後必ず出る。
こう信じられることは、何よりも強力な御守りだと思うのです。
確信を持って練習できれば、結果もよりよいものになりますよね。

結果が出るのかわからない状態で練習するのが不安なのです。
この努力が無駄になるのではないか?自分にはもっと向いていることがあるのではないか?
プロのスポーツ選手はそんな不安と戦いながら、心を強く持って練習しているんでしょうね。

将来は遺伝子の適性で種目が決まるようになるのかなぁ。
今だって運動神経が良い子を集めて、身体能力テストをして適性みてるんだしね。

でも、待てよと。
遺伝子で適性が分かる→適性がある人が良い結果を出す→みんなその技術を使う→適性がある人ばかり集まる→遺伝子の適性だけでは差別化できなくなる
ふーむ、全体のレベルが上がるから、新たな道標が必要になるのでしょう。
こりゃイタチごっこですな(´・∀・`)


【こんな人におすすめ】
テンポの良いミステリーが読みたい気分。
スポーツをしていた。
冬だしウィンタースポーツの本がいいなぁ。
スポンサーサイト

Posted on 2015/01/25 Sun. 17:13 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

25

【読了】ソロモンの偽証 

あら、めずらしい(゜ロ゜屮)屮
2日連続の更新だなんて!
ここ2ヶ月で読んだ本の感想をまとめておきたかったのですよー(´・∀・`)

宮部みゆき著 『ソロモンの偽証』
文庫で全6巻もあります(単行本では3巻に減りまっせ(*゜∀゜*)b)

ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)
(2014/08/28)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

11月に買い、2ヵ月弱かかってようやく読み終わりました!
長かったよぅ…。
ミステリーで6巻は長すぎるよぅ(Pд`q。)

【あらすじ】
舞台は1990年の東京。クリスマス未明、中学2年生の少年が学校で転落死をした。
当初は自殺だと考えられた。警察もそのように判断を下し、両親もその結論に異存はなかった。
しかし、学校一の不良グループが少年を突き落としたという告発状が届き、生徒にも保護者にも動揺が広がる。
虚偽の告発状であると警察と学校は発表するが、警察は捜査を誤ったのではないか?学校は何か隠蔽していたのではないか?という疑念はくすぶり続ける。
その疑念の炎は、煽り気味のテレビ報道を受けて一気に燃え広がった。

少年の死が学校に入れた歪みは広がり続け、次々に事件や事故として表面化する。
学校は重苦しい空気に飲み込まれていった。

この負の連鎖を止めるために、発端となった少年の死の真相を自分たちで突き止めよう。
有志が集まり、生徒自身が学校内で裁判を開くことになった。
告発状で犯人と名指しされた少年が被告人になり、弁護人と検事はそれぞれ情報を集め、証人を召喚して真実を明らかにしようとする。
大人にはできなかった。中学生だからこそ辿り着けた真実とは…!?

【まめむしピーチの勝手な評価】
★★★
(5段階評価)

普通におもしろかったねーっていう星の数です。
なんたって長い。。。ミステリーでは禁じ手の飛ばし読みをやってしまうくらい長かった∑(゚ω゚; )
わたしは最後まで中学生がここまでできるわけないよーって疑いが拭えず、それに囚われていたのでそれもマイナスポイントになっちゃったかなぁ。

それでもさすが長編だけあって、登場人物の家庭環境が入念に書き込まれています。その背景があるからこそ、それぞれの考え方や発言がストンと腑に落ちます。
三人称で登場人物それぞれの視点から物事をみているので、それぞれの「事実」は全く反対だったり食い違っていたりします。
この三人称の視点の寄り添い方が絶妙で、違う立場にいる登場人物それぞれの味方をするのです。この「事実」はこの人の思いこみだと分かっていても、引きずられて「もしかしたらこれが真実なのかも…」って思っちゃうんだなー(∀`*)ゞエヘッ

【こんな人におすすめ】
長編が読みたい。
アゲアゲでもサゲサゲでもなく、淡々としている心持ち。
人生白黒はっきりつけられることばかりではなく、灰色モヤモヤ余韻のあるラストだって良いよねって気分の時。
中学の時に何かでっかいことをしたかった、笑。
(中学時代の自分が恥ずかしすぎて思い出したくない!って人は何回か本を伏せたくなります( ;´ω`)チーン)
こんな中学生いるか!?って突っ込みたくなるスーパー中学生を見てみたい。
生き死にについて考えたい。
人間の感情の中核から襞まで、細かい描写がしてある本が読みたい。


↓よければこちらをポチッとお願いします♪

Posted on 2015/01/21 Wed. 00:11 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

21

これから読もうと思う本 

ダイエットしてたけど、目標体重にいったのか・・・ドキドキドキ((*゚д゚*))ドキドキドキ


・・・不明orz

友達と会う日の朝、滅多にしない寝坊というものをやらかしてしまい・・・∑(゚д゚)
体重を量る時間的余裕ナシ。
気にする精神的余裕もナシ。

感覚からいうと1.5kg減というあたりかな(・∀・)
まぁきっと着地点はここらへんになると踏んでいたので、その通りになりました。


とりあえず食事制限も終わって、今日は夕飯にパンをお腹いっぱい食べました(*ノ∀`*)
炭水化物、万歳☆ヽ(´ー`)ノ

せっかく減った分があるので、明日からは少し気をつけよう。

♪ダ~イエットは明日から♪ってね、笑。


さてさて、昨日はいろいろと本を仕入れてきました。
ブックオフ、お世話になってます!

まずは、宮部みゆき著 『ソロモンの偽証』
DSC01184.jpg
本屋さんでもポップが出て、大きく取り上げられていたので気になっていたんです。
全6巻の大作に、ようやく挑戦しようという気になりました。

あぁ、2巻だけなーい∑(゚ω゚; )カ¨ーン
ブックオフだからこれは仕方ないよね・・・。


で、宮部みゆきさんを6冊も読んでたら飽きてくるだろうと予測して、
東野圭吾著 『使命と魂のリミット』 と 『カッコウの卵は誰のもの』
DSC01185.jpg
気分転換に読みましょう~♪


さらには、ミステリーにも飽きてくるだろうと予測して・・・
原田マハ著 『キネマの神様』
DSC01186.jpg
『楽園のキャンバス』以来気になっていて、『本日は、お日柄も良く』も楽しく読みました。
(いつか感想書かねば・・・!)
この方の本は全冊読みたいなと思っているところです。


さぁて、まずは『ソロモンの偽証』からだー!

↓よければこちらをポチッとお願いします♪

Posted on 2014/11/18 Tue. 00:33 [edit]

category:

TB: 0    CM: 2

18

【読了】銀翼のイカロス 

金曜の夜、台風が来る前にってことでちょいとお出かけしておりました。

てやんでぇ!夜の浅草でぃ!(;^^)ヘ..
2014-08-08-1.jpg
夜の浅草は人が少なくって快適。

2014-08-08-2.jpg
夜に浮かび上がる五重塔も風情があります。

2014-08-08-3.jpg
仲見世通りも煌々とライトアップされています。
お店は全部閉まっているのですが、シャッターに四季折々の浅草行事が描かれていておもしろかったですよ。

夜の浅草はとっても良かったです(´∀`)bグッ


そしてそして、この週末は天気が悪かったので家でおとなしく本を読んでおりました。
読んでたのはこちら↓↓

銀翼のイカロス銀翼のイカロス
(2014/08/01)
池井戸 潤

商品詳細を見る


言わずと知れた半沢直樹シリーズの最新作!
おもしろくて、一気読みでした(o^∀^o)

私の勝手な評価は、星3つです。
★★★☆☆
ー-5段階の(^_^;)

おもしろかったのはおもしろかったんですけどね。。。
(以下、感想を書くのでネタバレ注意です)

倒産しそうな会社の再建+銀行内の派閥闘争といういつもの苦難に、今回は政治的な圧力が加わります。
これ、問題が大きくなりすぎて全体的にぼやけた感があります。

何が一番ぼやけるって、悪役ですよ!
この小説は悪役あってこそ半沢さんが引き立つのに!!
敵が二重三重にワナを仕掛けてきて、半沢さんがいじめられて、痛めつけられて、解決したと思ったら一難去ってまた一難でどん底に逆戻りして、ギリギリのところで踏ん張って、最後にスカッと倍返しする!ってのがおもしろいのに。

今回は敵が多すぎて1人1人が浅いです。
悪役が悪役然としすぎて、裏もなく分かりやすすぎです。

そして、味方が強すぎる。
シリーズも4作目になってくると、絶対的な味方というのも分かってしまうので、こいつラストで裏切るんじゃないか∑(゚ω゚ノ)ノっていらぬ心配もないんですよね。
しかも、こんな助っ人登場させちゃう!?って黄門様レベルにスゴイ人が助けてくれるので。

読んでいて、どんでん返し的な驚きがなく、そのまま順当に「そうですよねー」と終わりました。
というわけで、星3つでした(o_ _)o

ちなみに、前作の『ロスジェネの逆襲』は★★★★☆です。
こっちの方がおもしろかったなー。。。

半沢直樹はどこまでいくのかなー?
また次回作が出るなら、それに期待です(・∀・)

Posted on 2014/08/11 Mon. 01:54 [edit]

category:

TB: 0    CM: 2

11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。